黄斑変性症の手術

天然ルテイン40㎎サプリメントの通販 - 加齢黄斑変性症にも効果的

加齢性黄斑変性症の手術について

年々日本でも発症する人が増えている眼病に黄斑変性症があります。

50代以上の人に発症率が高く、女性よりも男性の方が発症しやすいと言われてます。加齢による眼病だと白内障が有名ですが、黄斑変性症も加齢によって起こる眼病の1つと言えます。

黄斑変性症になると物が歪んで見えたり、視界がかすんで見えたり、黒い斑点が見えて視界が欠けてしまったりといった自覚症状があります。ただ、普通人は両眼で物を見ていますから、両眼視している状態では、この自覚症状になかなか気づかなかったりします。

黄斑変性症は未だに原因がはっきりとは分かってませんが、網膜の黄斑部で活性酸素がたまることで、黄斑部の細胞が破壊されていくことが原因だと言われています。はっきりとした原因が分かっていないため、完治させる治療方法も確立はされてません。

黄斑変性症には進行を遅らせるための1つの手段として手術があります。レーザー光凝固術、脈絡膜新生血管抜去術、黄斑移動術がその主だった手術になります。ただこの3つには視野狭窄を広げてしまったり、視力低下を促してしまったりといったデメリットやトラブルを招く可能性があることは否定できません。

黄斑変性症は現段階では完治させることが出来ない病気ですが、悪化させないために手術を受けることも必要になる人もいます。ただ、手術を受ける場合には、どんなデメリットがあるのか、どんな問題点があるのか、様々な角度から詳しく医師に話を聞き、きちんと話し合った上でが望ましいですね。